幸栄館空手
HOME 指導
幸栄館空手は、武術指導を通じて、学び方・考え方・仲間と協調する力を向上するための指導を行います。

幸栄館空手では、伝統的な空手の技や実用的な最新の技まで指導しますが、指導方法は下記の点を特に重視した指導となります。

  • 見て学ぶ
  • 考える
  • 仲間と共に学ぶ

すべての練習は、これらの要素が組み込まれた練習となります。

見て学ぶ
幸栄館空手では、手取り足取り技を教えることはしません。見本を見てもらい、自ら学んでいくように指導します。これは学ぶ力を向上してもらうためです。 学ぶ力が強くなると、どんどん上達していきます。幸栄館空手では、技を学びながら学ぶ力を強くしてもらう指導を行います。

考える
古くからある武道では、先人の技をそのまま覚えることを良しとしています。しかし、これでは進歩しませんし、技の本質も理解できず、 結果的に本当に技を学んだことになりません。武術を学ぶには考えることがたいへん重要です。 幸栄館空手では、考え、工夫しながら技を学んでいきます。新しい技の考案も推奨します。

仲間と共に学ぶ
武術は相手がいる運動です。一人では学ぶことはできませんし、一人だけうまくなることはありません。上達するには、多くの仲間と一緒に上達する必要があります。 また、互いに反発しあっては上達できません。上達するには互いに協力しあう必要があります。幸栄館空手は、仲間と楽しく学ぶ環境を提供します。

2013 国際空手道学連盟 All rights reserved.