幸栄館空手
HOME 技術
幸栄館空手では、実際に使える技術の指導と研究、ならびに、伝統的な空手本来の技術の保存を行います。

実際に使える技術の指導と研究

幸栄館空手では、本当に使える技術の追求を行っています。武術としてどのような技術が本当に使えるものであるのかを常に考えながら技を学び研究します。指導者は、基本的な技の行い方や考え方の指導を行いますが、それを学び取り、工夫を行うのは会員自身です。指導者は会員がそのように学んでいく手助けを行います。

例えば下左の写真を見てみましょう。これは伝統的な空手の突きのひとつです。伝統的な空手の突きは体を正面に向け、突きの手と反対の手を腰に引きます。この突きでは腹部が大きく開いており、相手の反撃を受けやすくなっています。下右の写真は子供による幸栄館空手の突きです。全員体を若干斜めにし、突きと反対の手で腹部を守るようにしています。伝統的な空手の突きは止まった状態で主に腕の力で突きます。この時に「攻めに使わない手を腰に引くことで力が強くなる」と言われてきました。しかし、これでは女性や子供のように腕力の弱い人では強い技が出ません。幸栄館空手では、相手に向かって攻め込む勢いを使って突きを行います。これは体重を使った突きですので、女性や子供でも十分に強い技となります。つまり、隙も小さく強い技となります。相手に向かって移動する方法も従来の移動の仕方とは大きく異なります。すばやく一気に移動する技を行います。

伝統的な空手の突き。隙が大きく、腕の力だけの突き
幸栄館空手の突き。隙が小さく、体重を使った強い突き

主な技の種類は下記の通りです。

  • 転身
  • 打ち
  • 蹴り
  • 投げ
  • 倒し
  • つかみ
  • ひねり
  • かわし
  • 受け
  • 外し
  • 転倒対処


その他、踏みつけ、倒れた状態での攻めと守り、ツボを攻める技、投げを防ぐ技、対武器の技、対複数人の技、など様々な技があります。これらを形だけでなく、より現実に近い試合形式の練習の中で使えるように練習します。

試合形式の練習

幸栄館空手では、実際に使用できる技の習得と研究のために、安全防具を着用した試合形式の練習ならびに「体触れ」と呼ばれる防具を着用せず、相手の体に軽く触れる形式の練習があります。 幸栄館空手の防具付試合は、大西栄三先生が60年近く前に世界で初めて本格的に導入したものです。試合形式の練習は、武術の習得には必須です。どのような技も複雑な動きの中では思い通りには使えません。そのため、このような練習がないと、見た目だけの形式的な技となり、実際の場面では使えないものとなってしまいます。



この練習では、自由に技を行い、実際の打ち・投げなどの技を行うものですが、勝ち負けを決める試合とは異なり、あくまで実際の技の習得と研究を目的としています。そのため、相手を尊重し、思いやりながら、互いに安全を心がけた練習となっています。例えば、試合では技を受けた方が「一本入りました」と自己申告します。高段者の試合では審判も付きません。試合形式の練習も複数あります。
  • 安全防具をすべて着用した成人の1対1試合
  • 安全防具を胴のみ着用した1対1試合
  • 安全防具を胴のみ着用した複数人の試合
  • 身体に軽く触れるだけの防具無しの1対1の試合
  • 身体に軽く触れるだけの防具無しの複数人の試合

安心・安全な練習

幸栄館空手では、防具を使った試合や「体触れ」と呼ばれる相手の体に軽く触れるという試合による練習を行います。しかし、創設以来事故は一切発生していません。これは各支部の指導者が気をつけていることは当然ですが、それと共に、全員が相手に怪我をさせないように練習をするためです。指導者は安全と互いに相手を気遣うことの大切さを常に話しながら指導します。このような環境であるため、会員は互いに安心して練習を行うことができます。

伝統的な空手本来の技術の保存

幸栄館空手では、歴史の資料として、古い空手の技術の保存を行います。伝統的に空手の先生は、弟子の出自や人柄や知識レベルを考慮して、1、2名程度にしかすべての技を教えませんでした。そのため、古い空手の技術は、たいへん少ない人にしか継承されていません。さらに、最近では後から作られた技が混ざってしまい、古い技術がどのようなものであったかがわからなくなる傾向にあり、消えてしまう恐れがあります。幸栄館空手では、明治期以前の型や奥義も含めて、保存しています。
幸栄館空手で保存している空手の型は下記の通りです。これらは糸洲安恒先生の高弟であった遠山寛賢先生ならびに東恩納寛量先生の高弟であった許田重発先生から幸栄館空手創始者である大西栄三先生に継承されたものです。
  • 平安5種
  • 内歩進3種
  • 鎮東
  • 抜塞大
  • 古流五十四歩
  • 知花公相君
  • 三戦
  • 十三
  • 三十六
空手の型に加え、許興智先生から学んだ中国(台湾)の拳を二種保存しています。

  • 蓮知拳
  • 蛇拳

2013 国際空手道学連盟 All rights reserved.